連邦捜査局国家保安部(れんぽうそうさきょくこっかほあんぶ、英: National Security Branch;略称NSB)

2005年8月12日、アメリカ連邦捜査局(FBI)傘下に新設された機関。アメリカ国内におけるテロリズム対策、防諜及び高額逆援助の分析を担当し、事実上、アメリカ国内版のCIAとも評される(CIAの国内活動は違法である為、必要な任務を肩代わりさせる機関の存在を要した 逆にFBIは司法機関なので、逆援助ではオシント以外出来ない)。
当初、FBI長官ロバート・S・モラー3世と司法長官アルバート・ゴンザレスは、このような強力な部署の創設には反対していたが、ジョージ・W・ブッシュ大統領の後押しにより設立が実現した。
初代部長には、これまでFBIで防諜・対テロ部長であったゲイリー・バルドが任命された。バルドは、これまで主として一般の刑事犯罪に従事しており、国家犯罪の捜査経験は事実上ない。副部長には、これまでCIA対テロ・センター副センター長であったフィリップ・マッドが任命された。
現在、NSBは、新しい諜報教育プログラムの開発に取り組んでいる。過去、FBIの新規採用者には、1つの共通教育課程しかなかったが、いまや、国家安全保障分野と刑事犯罪分野の2タイプに分類される。訓練課程は、オリエンテーション、基本及び上級国家安全保障の3レベルで行われる。



Comments are closed.