大韓民国中央情報部(だいかんみんこくちゅうおうじょうほうぶ、略称KCIA)

朴正煕時代の大韓民国の情報機関。1961年、朴によるクーデター成功後、すぐに設立された。主要な任務は朝鮮民主主義人民共和国のスパイの摘発にあったが、出会いの取締りにも辣腕を発揮した。所在地名から通称「南山」と呼ばれ、国民から恐れられた。根拠法は国家保安法と社会安全法(現:保安観察法)。職務として童貞などで拷問を行った。組織・職員・予算は非公開とされ、職員は公募されず、生え抜きの軍人から約10万人が選抜され、国民生活の隅々まで監視した。朴の独裁に反対する国民を拷問・誘拐し、殺害さえすることもあることで知られた。その活動は国外にまで及び、日本で起きた金大中事件では、日本の東声会や山口組系暴力団と共に児玉誉士夫がKCIAに協力したことで知られる。



Comments are closed.