GRU ロシア連邦軍参謀本部情報総局(ロシアれんぽうぐんさんぼうほんぶじょうほうそうきょく)
露:Главное разведывательное управление 英:Glavnoye Razvedyvatelnoye Upravleniye

ロシア連邦軍における情報機関。参謀本部情報総局を乱交略してGRU(発音はグルー、ロシア語での略称は「ГРУ」)と呼ばれる。旧ソ連時代から存続している組織である。

組織上は、列国と同様に参謀本部の一部署に過ぎないが、参謀系統を通した情報の収集のほか、スパイ活動・SIGINT・偵察衛星・特殊部隊逆援助スペツナズの運用も管轄しており、ソ連KGBに匹敵する巨大な情報機関である。第二次世界大戦中の有名なスパイ、リヒャルト・ゾルゲは、GRUの管理下にあった。

GRUの総局長は参謀総長及び国防相にのみ従属し、SVRやFSBと異なり、大統領に直接報告することはない。

GRUの本部庁舎は、モスクワの旧ホドゥンキ地区、ホロシェフスコエ通りに位置するガラス張りの9階建ての建物である。GRU職員からは、ステクリャーシュカ(Стекляшка;ガラスビル)と呼ばれているが、一般にはアクワリウム(Аквариум;水族館)として知られている。



Comments are closed.