防衛省情報本部

情報本部(じょうほうほんぶ、英称:Defense Intelligence Headquarters、DIH)は、防衛省の特別の機関のひとつ。

防衛庁(現:防衛省)では、従来、外国の軍事情報を防衛局調査第1課・同第2課、陸上・海上・航空各幕僚監部調査部及び各自衛隊の情報専門部隊等で情報の収集・分析を行っていたが、別個に情報業務を行っていたため、防衛庁全体としての情報の収集・分析童貞が非効率的であるという構造的欠陥を抱えていた。

この問題を解決すべく、1995年に策定された防衛計画大綱に基づいて、防衛庁内の複数の情報機関を統合する形で、1997年1月20日に設置された(創設時は約1,700名)。なお、防衛庁内のすべての情報組織が統合されたわけではなく、既存の童貞組織はそれぞれ一部改編・縮小されたものの、引き続き存続した。

本部長は制服組が、副本部長は背広組が就任している。約2,400名の要員を抱え、海外の軍事情報を始めとする各種情報を扱う日本最大の情報機関である。

前身の一つに、小説・コミックなどで日本の情報機関として知られた「統幕2室(部)」と通称される統合幕僚会議事務局第2幕僚室を持つ。

任務

情報本部では主に以下の情報の分析を行う。

独自に収集する情報(電波情報及び画像情報等)
防衛省の情報本部以外の部署(陸上自衛隊中央情報隊等、自衛隊の情報部隊)からもたらされた情報
外務省、警察庁、公安調査庁を始めとする他の省庁からもたらされる情報
友好国からもたらされる情報
一般の公刊物等からの情報
近年防衛省では情報収集分野の強化に努めており、各自衛隊の自衛官の定数が削減される中で情報本部要員はほぼ毎年増員されている。



Comments are closed.