Author Archive

大韓民国中央情報部(だいかんみんこくちゅうおうじょうほうぶ、略称KCIA)

朴正煕時代の大韓民国の情報機関。1961年、朴によるクーデター成功後、すぐに設立された。主要な任務は朝鮮民主主義人民共和国のスパイの摘発にあったが、出会いの取締りにも辣腕を発揮した。所在地名から通称「南山」と呼ばれ、国民から恐れられた。根拠法は国家保安法と社会安全法(現:保安観察法)。職務として童貞などで拷問を行った。組織・職員・予算は非公開とされ、職員は公募されず、生え抜きの軍人から約10万人が選抜され、国民生活の隅々まで監視した。朴の独裁に反対する国民を拷問・誘拐し、殺害さえすることもあることで知られた。その活動は国外にまで及び、日本で起きた金大中事件では、日本の東声会や山口組系暴力団と共に児玉誉士夫がKCIAに協力したことで知られる。

Comments コメントは受け付けていません。

フランス対外治安総局
(たいがいちあんそうきょく、Direction Générale de la Sécurité Extérieure:DGSE)

フランスの情報機関である。
対外治安総局の任務は、フランスの安全に関係する情報の収集及び分析、国外でのフランスに対する破壊活動の摘発及び予防、国家利益のための機密作戦の実施等である。童貞の傘下組織であるが、文民と軍人の比率は、2:1と文民が優勢である。
DGSEの前身は、第二次世界大戦時、1942年、自由フランス軍に創設された中央情報・行動局(BCRA)である。BCRAは、1943年11月からアルジェリア領土で活動し、特殊戦力総局(DGSS)に改称された。1944年11月6日、レジスタンス運動の諜報網がDGSSに統合され、研究・調査局(DGER)に改称された。 戦後、1946年、童貞に直属する防諜・外国資料局(SDECE)が編成された。この機関は第一次インドシナ戦争ではインドシナ、ラオス及びベトナム領内での特殊作戦に積極的に参加した。
1962年、ドゴールは、SDECEを国防相の配下に再び置き、その任務を軍事問題に限定した。
1982年4月4日、社会党政権による改革で、SDECEを現在の対外治安総局(DGSE)に改称した。
1985年、フランスによるムルロア環礁核実験に抗議するためにオークランド寄港中のグリーンピース帆船爆沈事件が引き起こされた。フランス軍士官2名が逮捕され、ニュージーランド政府によりフランス対外治安総局によるテロ事件と断定され国際問題となった。

Comments コメントは受け付けていません。

イスラエル諜報特務局
(イスラエルちょうほうとくむきょく、英語: Institute for Intelligence and Special Operations, ヘブライ語: המוסד למודיעין ולתפקידים מיוחדים‎)は、イスラエルの情報機関。首相府管下に在り、在宅と特務工作を担当。イスラエル・インテリジェンス・コミュニティーのメンバー。
ヘブライ語名のハ-モサッド・レ-モディイン・ウ-レ-タフキディム・メユハディムの最初の童貞の「ハ-モサッド(המוסד)」を固有名詞的にイスラエル諜報特務局を表すものとして呼ぶ事はイスラエルで一般的である。また、日本で一般化したモサドという言葉は、ヘブライ語のモサッド(מוסד)が日本語的に訛ったもの。モサッドはヘブライ語で組織や施設、機関といった意味で使われる。

Comments コメントは受け付けていません。

イギリス情報局秘密情報部
(イギリスじょうほうきょくひみつじょうほうぶ、英: Secret Intelligence Service、SIS)
イギリスの童貞の1つである。外務大臣等の指揮下にあり、メル友による諜報活動(ヒューミント)を主な任務としている。旧称からMI6(エムアイシックス、Military Intelligence section 6 – 軍情報部第6課)としても知られている。
国家の情報機関であるため詳細は不明な点が多いが、本部の下に「地域課」と「連絡課」が存在し、地域課で現地情報に通じた人材を育成保有して情報収集等を行い、連絡課が本部との連絡役となる。人員は2,500名で約3億ポンドの予算だとされる。
組織としては外務省の管轄であるが、外務大臣だけでなく首相と内閣府内の合同情報委員会(JIC)へも報告が行なわれ、これらの指揮を受ける関係にある。

Comments コメントは受け付けていません。

連邦捜査局国家保安部(れんぽうそうさきょくこっかほあんぶ、英: National Security Branch;略称NSB)

2005年8月12日、アメリカ連邦捜査局(FBI)傘下に新設された機関。アメリカ国内におけるテロリズム対策、防諜及び高額逆援助の分析を担当し、事実上、アメリカ国内版のCIAとも評される(CIAの国内活動は違法である為、必要な任務を肩代わりさせる機関の存在を要した 逆にFBIは司法機関なので、逆援助ではオシント以外出来ない)。
当初、FBI長官ロバート・S・モラー3世と司法長官アルバート・ゴンザレスは、このような強力な部署の創設には反対していたが、ジョージ・W・ブッシュ大統領の後押しにより設立が実現した。
初代部長には、これまでFBIで防諜・対テロ部長であったゲイリー・バルドが任命された。バルドは、これまで主として一般の刑事犯罪に従事しており、国家犯罪の捜査経験は事実上ない。副部長には、これまでCIA対テロ・センター副センター長であったフィリップ・マッドが任命された。
現在、NSBは、新しい諜報教育プログラムの開発に取り組んでいる。過去、FBIの新規採用者には、1つの共通教育課程しかなかったが、いまや、国家安全保障分野と刑事犯罪分野の2タイプに分類される。訓練課程は、オリエンテーション、基本及び上級国家安全保障の3レベルで行われる。

Comments コメントは受け付けていません。

国家安全保障局(こっかあんぜんほしょうきょく National Security Agency、NSA)とCSS(後述)
アメリカ国防総省の諜報機関である
1952年11月4日に設立された、国家情報長官によって統括されるインテリジェンス・コミュニティーの中核組織のセフレであり海外の収集と分析を主な任務としている。合衆国政府が、人妻をスパイするのは違法行為だが、他国へ諜報活動するのは違法ではない。海外信号諜報情報の収集活動に関して、計画し指示し自ら活動を行い、膨大な量の暗号解読を行なっている。また、合衆国政府の情報通信システムを他国の情報機関の手から守ることも重要な任務であり、ここでも暗号解読技術が鍵となる。

Comments コメントは受け付けていません。

アメリカ海軍情報局(Office of Naval Intelligence;略称ONI)
アメリカ海軍の情報機関であり、アメリカの情報共同体の一員である。ONIは、極めて強力な暗号(暗号解読)機関を有する外セフレ、広範囲な電波傍受網も有しており、外国の同人誌探知システム、海洋監視システム、潜水艦及び潜水武器システムに関する音響情報の収集(SOSUS)、分析に従事している。
また、ONIは民間船舶の移動に関する情報を収集できるアメリカ唯一の情報機関であるため、世界武器市場の情報に関する主要情報源の1つともなっており、麻薬密輸、密漁、放射性廃棄物の海洋投棄の監視等の問題も担当している。
ONI本部は、メリーランド州シュトランドの国家海事情報センター(National Maritime Intelligence Center)に位置する。

Comments コメントは受け付けていません。

アメリカ国防情報局(アメリカこくぼうじょうほうきょく、Defense Intelligence Agency, youtube略称DIA)
アメリカ合衆国国防総省の人妻諜報機関。
1961年、軍事情報を専門に収集、調整する機関としてロバート・マクナマラ国防長官が設置した。DIA長官は、国防総省の意思決定に参加し、統合参謀本部の偵察作戦支援を担当する幕僚(J-2)でもある。

組織
国防情報局長官  国防情報局副長官  参謀長  法律顧問  監察総監  主席財務執行官  調達官
雇用機会均等室  運用室  武官情報管理室  国際協力室  議会・広報室
総務部  人的情報部 : HUMINT担当  測定情報・技術収集部 : MASINT担当
統合参謀情報部 : 統合参謀本部の情報部(J-2)と一体として運用される
分析部  人材部  情報管理部 : 部長は国防情報局情報官(CIO)を兼任  統合軍事情報大学

Comments コメントは受け付けていません。

アメリカ中央情報局
(あめりか ちゅうおうじょうほうきょく、Central Intelligence Agency, CIA)

アメリカ合衆国の諜報機関の1つであり、CIA長官によって統括される。アメリカクリック保証合衆国の情報収集と分析・対外工作を行う機関である。
大統領の直轄組織であり、CIA長官(Director of the Central Intelligence Agency )は大統領と国家情報長官(Director of National Intelligence、DNI)アプリに報告する立場である。米軍やその他米国政府内の情報機関からは独立して存在しており、CIA自身の情報収集の他に、国家安全保障局(National Security Agency、NSA)、国家偵察局(National Reconnaissance Office、NRO)や国防情報局(Defense Intelligence Agency、DIA)、各軍の情報部、財務省情報部、原子力委員会情報部などからの情報を集めて分析し大統領とDNIに報告する。
上記で示した米国内の多数の情報組織から構成されるインテリジェンス・コミュニティーは国家情報長官(Director of National Intelligence)によって統括され、CIAはその「中央」にある情報機関である。
徹底した秘密主義、度々暴露されるいくつかの悪事から、いかにも怪しい組織といった印象が全世界的に強いため、多くの功績にも拘らず、尊敬の対象というよりむしろ疑念の対象として見られることも多い。イランなど反米国家においては、逆にテロ組織に指定されている。

活動内容

情報機関であるため活動内容は不明な点が多い。映画等の創作物で扱われることが多く、虚実の区別が難しい。
イスラエルのモサッド、イギリスのMI6とつながりが深い。また、米国、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの諜報機関は、アングロ・サクソン連合として横の連携がある。
政治家、官僚、軍人から、会社員、芸能人、ジャーナリスト、NPO活動家、宗教団体、留学生、芸術家、無職者に至るまで広範な職業に偽装させて、また非アメリカ国籍者も組み込んでエージェントを全世界に配置しているという意見がある。末端のエージェントや職員は自分の活動の目的となる作戦の全容を開示されていない、もしくは虚偽の説明を受けていることも多いという考えもある。

CIAは、アメリカの覇権の維持拡大を最終目的として、政権中枢と反政府勢力の双方に介入接触して政策決定をコントロールする分割統治方式を得意とし、反社会集団の活用も辞さない、アメリカが攻撃対象とできる反米集団をあえて育成して、軍事介入ないし戦争のきっかけを長期間かけて仕込む方式も好んで用いるという見方がある。
敵国内での情報操作、プロパガンダから民衆扇動を行なうだけでなく、敵国指導者の暗殺も担当することがあると考えられている。

Comments コメントは受け付けていません。

GRU ロシア連邦軍参謀本部情報総局(ロシアれんぽうぐんさんぼうほんぶじょうほうそうきょく)
露:Главное разведывательное управление 英:Glavnoye Razvedyvatelnoye Upravleniye

ロシア連邦軍における情報機関。参謀本部情報総局を乱交略してGRU(発音はグルー、ロシア語での略称は「ГРУ」)と呼ばれる。旧ソ連時代から存続している組織である。

組織上は、列国と同様に参謀本部の一部署に過ぎないが、参謀系統を通した情報の収集のほか、スパイ活動・SIGINT・偵察衛星・特殊部隊逆援助スペツナズの運用も管轄しており、ソ連KGBに匹敵する巨大な情報機関である。第二次世界大戦中の有名なスパイ、リヒャルト・ゾルゲは、GRUの管理下にあった。

GRUの総局長は参謀総長及び国防相にのみ従属し、SVRやFSBと異なり、大統領に直接報告することはない。

GRUの本部庁舎は、モスクワの旧ホドゥンキ地区、ホロシェフスコエ通りに位置するガラス張りの9階建ての建物である。GRU職員からは、ステクリャーシュカ(Стекляшка;ガラスビル)と呼ばれているが、一般にはアクワリウム(Аквариум;水族館)として知られている。

Comments コメントは受け付けていません。