Archive for the “Articles” Category

イスラエル諜報特務局
(イスラエルちょうほうとくむきょく、英語: Institute for Intelligence and Special Operations, ヘブライ語: המוסד למודיעין ולתפקידים מיוחדים‎)は、イスラエルの情報機関。首相府管下に在り、在宅と特務工作を担当。イスラエル・インテリジェンス・コミュニティーのメンバー。
ヘブライ語名のハ-モサッド・レ-モディイン・ウ-レ-タフキディム・メユハディムの最初の童貞の「ハ-モサッド(המוסד)」を固有名詞的にイスラエル諜報特務局を表すものとして呼ぶ事はイスラエルで一般的である。また、日本で一般化したモサドという言葉は、ヘブライ語のモサッド(מוסד)が日本語的に訛ったもの。モサッドはヘブライ語で組織や施設、機関といった意味で使われる。

Comments コメントは受け付けていません。

アメリカ中央情報局
(あめりか ちゅうおうじょうほうきょく、Central Intelligence Agency, CIA)

アメリカ合衆国の諜報機関の1つであり、CIA長官によって統括される。アメリカクリック保証合衆国の情報収集と分析・対外工作を行う機関である。
大統領の直轄組織であり、CIA長官(Director of the Central Intelligence Agency )は大統領と国家情報長官(Director of National Intelligence、DNI)アプリに報告する立場である。米軍やその他米国政府内の情報機関からは独立して存在しており、CIA自身の情報収集の他に、国家安全保障局(National Security Agency、NSA)、国家偵察局(National Reconnaissance Office、NRO)や国防情報局(Defense Intelligence Agency、DIA)、各軍の情報部、財務省情報部、原子力委員会情報部などからの情報を集めて分析し大統領とDNIに報告する。
上記で示した米国内の多数の情報組織から構成されるインテリジェンス・コミュニティーは国家情報長官(Director of National Intelligence)によって統括され、CIAはその「中央」にある情報機関である。
徹底した秘密主義、度々暴露されるいくつかの悪事から、いかにも怪しい組織といった印象が全世界的に強いため、多くの功績にも拘らず、尊敬の対象というよりむしろ疑念の対象として見られることも多い。イランなど反米国家においては、逆にテロ組織に指定されている。

活動内容

情報機関であるため活動内容は不明な点が多い。映画等の創作物で扱われることが多く、虚実の区別が難しい。
イスラエルのモサッド、イギリスのMI6とつながりが深い。また、米国、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの諜報機関は、アングロ・サクソン連合として横の連携がある。
政治家、官僚、軍人から、会社員、芸能人、ジャーナリスト、NPO活動家、宗教団体、留学生、芸術家、無職者に至るまで広範な職業に偽装させて、また非アメリカ国籍者も組み込んでエージェントを全世界に配置しているという意見がある。末端のエージェントや職員は自分の活動の目的となる作戦の全容を開示されていない、もしくは虚偽の説明を受けていることも多いという考えもある。

CIAは、アメリカの覇権の維持拡大を最終目的として、政権中枢と反政府勢力の双方に介入接触して政策決定をコントロールする分割統治方式を得意とし、反社会集団の活用も辞さない、アメリカが攻撃対象とできる反米集団をあえて育成して、軍事介入ないし戦争のきっかけを長期間かけて仕込む方式も好んで用いるという見方がある。
敵国内での情報操作、プロパガンダから民衆扇動を行なうだけでなく、敵国指導者の暗殺も担当することがあると考えられている。

Comments コメントは受け付けていません。

GRU ロシア連邦軍参謀本部情報総局(ロシアれんぽうぐんさんぼうほんぶじょうほうそうきょく)
露:Главное разведывательное управление 英:Glavnoye Razvedyvatelnoye Upravleniye

ロシア連邦軍における情報機関。参謀本部情報総局を乱交略してGRU(発音はグルー、ロシア語での略称は「ГРУ」)と呼ばれる。旧ソ連時代から存続している組織である。

組織上は、列国と同様に参謀本部の一部署に過ぎないが、参謀系統を通した情報の収集のほか、スパイ活動・SIGINT・偵察衛星・特殊部隊逆援助スペツナズの運用も管轄しており、ソ連KGBに匹敵する巨大な情報機関である。第二次世界大戦中の有名なスパイ、リヒャルト・ゾルゲは、GRUの管理下にあった。

GRUの総局長は参謀総長及び国防相にのみ従属し、SVRやFSBと異なり、大統領に直接報告することはない。

GRUの本部庁舎は、モスクワの旧ホドゥンキ地区、ホロシェフスコエ通りに位置するガラス張りの9階建ての建物である。GRU職員からは、ステクリャーシュカ(Стекляшка;ガラスビル)と呼ばれているが、一般にはアクワリウム(Аквариум;水族館)として知られている。

Comments コメントは受け付けていません。

国際情報統括官組織(こくさいじょうほうとうかつかんそしき、Intelligence and Analysis Service)

情報の分析・評価を専門に行う外務省の一部局である。トップである国際情報統括官は定員1名。

2004年(平成16年)8月、領事移住部の領事局への格上げに伴う組織改編によって局の数が足りなくなったことから、それまでの国際情報局から局長級分掌官に変更されたが、実態は局時代と殆ど変わらない。なお、国際情報局の前身は情報調査局だが、情報調査局設置の際に逆援助廃止された情報文化局は、現在の外務報道官及び広報文化交流部であって、前身たる組織ではない。

内閣情報調査室、警察庁(警備局)、防衛省(情報本部)、公安調査庁とともに内閣情報会議・合同情報会議を構成する。

外務省では、各地域局・課が各在外公館から公電の形で情報を集約し、分析に当たる一方で、国際情報統括官組織が日常の案件処理や政策判断から距離を置き、総合的な情勢判断を行っているとされる。

組織の性格

情報機関(諜報機関)というよりも、“分析・評価”機関としての色彩が強い。類似している外国機関としては、米国務省の情報調査局(INR; Bureau of Intelligence and Research)が挙げられる。

したがって、国際情報統括官組織自体は、情報収集活動を行っていない。職員にも尾行・監視などの技術・経験はなく、外国政府・組織内部にスパイ網を乱交構築するなどのヒューミント(HUMINT, human intelligence)能力は、ほとんどないとも言われている。

無論、防衛省(情報本部)、警察庁(警備局)が行っている通信・電波傍受(シギント、エリント、コミント)は行われていない。外務省では、国際情報統括官組織を窓口として、政府の情報収集衛星計画に参画しているものの、実態は不明である。

 組織の編成
2005年(平成17年)現在の定員は約80人。2003年(平成15年)度の外務本省定員が2,134人とされているため、本省定員に占める割合はわずか4%弱である。

局長級である国際情報統括官を長として、ナンバー2である大臣官房審議官又は参事官、国際情報官(課長級分掌官)4人、事務官、専門分析員(選考採用の任期制職員)で構成されている。少数であるが、他省庁からの出向者も在籍しているとされる。

国際情報官は、それぞれ第一から第四までの国際情報官室を統括しており、第一国際情報官室が企画、情報衛星運用、第二国際情報官室が国際テロ、大量破壊兵器、第三国際情報官室が 東アジア、東南アジア、大洋州、南西アジア地域の分析、第四国際情報官室が欧州、中央アジア、米州、中東、アフリカ地域の分析を担当している。各室の定員は、20人程度とみられる。

職員は、国家公務員I種、外務専門職、国家公務員III種から外務省に採用された事務官で構成され、国際情報統括官組織としての独自採用は行われていない。 ほとんどの職員がほかの外務省職員と同様に2~3年で本省・在外公館等へ異動するため、分析官の育成も満足に行えなえず、情報担当官としても自覚にも乏しいとされる。

そのため、専門知識を外部に求めており、「専門分析員」の名称で期限付(最長2年間)の分析官を採用している。これについては、「国家の命運を左右する情勢判断を任期制職員(アルバイト)に任せてよいのか」との批判的な意見もある。

国際情報統括官から在外公館に異動する場合においても、それまでの専門と無関係な公館や広報・文化班、領事班などに所属させられ、同組織における経験が生かされないことも多い。

組織の能力

情報収集に求められる技術・経験の不足は、外務省全体についても言える。外務省の“情報活動”とは新聞・雑誌等の切り抜きを意味し、“ヒューミント”とは「名刺を渡して、食事を共にする」ことと揶揄する論者もいる。

情報分析・評価・報告の能力については評価する指摘があるが、諜報の技術・経験においては、ヒューミントを得意とする警察庁(警備局)、公安調査庁、通信・電波傍受を得意とする防衛省(情報本部)と比べると見劣りするとの指摘がある。

外務省の構造的な問題として、大臣官房を含む局級組織12のうち、国際情報統括官組織の地位は比較的低いものとされ、各局が国際情報統括官組織と情報を共有しないなど、外務省組織内部の連携不足も指摘されている。

政策を立案する他局と、力関係において劣ることから、国際情報統括官組織の分析・評価が省全体のものとして採用されない場面も度々あるとされる。

 展望

外務省は、2005年(平成17年)4月、外務省の情報収集・分析活動強化策を話し合う有識者懇談会「対外情報機能強化に関する懇談会」を設置し、同年9月、最終報告「対外情報機能の強化に向けて」を公表した。

同報告書は、ヒューミントを専門に行う“情報官”を在外公館に配置することや、英国のSIS(秘密情報部・MI6)をモデルにした対外情報機関を外務省に設置すること等を提言した。「情報官」については、平成18年度からの5年間で100人を配置するとも報じられた。

外務省内では、同報告に沿った組織改編が検討されているとみられるが、他機関と比べて諜報のノウハウが比較的少ないとされる外務省が、外国政府・組織内部に協力者(スパイ)を獲得できるだけの“ヒューミント担当官”を育成できるかについては疑問の声も多い。

また、英国のSISが外務省の傘下にあることを根拠に、外務省外局としての対外情報機関設置を求めているものの、SISが歴史的な背景から形式的に英国外務省の属し、実質的には首相の管轄にあることを考えると、政策と情報の分化が未成熟な日本外務省において、政策実施に相反するような分析・評価が採用されうるかにも疑問が残る。

1994年(平成6年)9月に行われたルワンダ難民救援を目的とした自衛隊派遣(自衛隊ルワンダ難民救援派遣)においても、現地の治安情勢が著しく悪化する中、外務省は情報を得ながらもこれを無視し、「治安は小康状態」として自衛隊派遣を推し進めた経緯があるなど、歴史的に見ても政策が情報を“無視”する事例は枚挙にいとまがない。

今後、「対外情報機関」の在り方について、設置の是非はもとより、「首相直轄の組織とすべき」との意見も高まると予想されている。

2006年9月、中国の北京高級人民法院(日本の高等裁判所相当)は、判決の中で、情報統括官組織を“スパイ組織”、職員の外務省幹部をケースオフィサー、在北京日本大使館書記官と日本の新聞記者3人(うち1人は読売新聞記者)をスパイと断じた(読売新聞08年3月11日「北京の高級人民法院、判決で日本外交官をスパイ断定」)。

Comments コメントは受け付けていません。

中央情報隊(ちゅうおうじょうほうたい、JGSDF Millitary Intelligence Command:MIC)

東京都新宿区市ヶ谷駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊防衛大臣直轄の情報部隊である。
陸上自衛隊の部隊が作戦を実施する童貞際に必要な作戦情報、偵察情報、地理情報などを一元化し、効率化を進めるため、地理情報を担当する中央地理隊(東京都立川市)と、海外の軍事関連の文献を収集・翻訳する中央資料隊(東京都新宿区)が統合されて2007年3月28日に編成された。隊員数は約600名。

中央情報隊には「あらゆる情報を一元的かつ専門的に逆援助処理して部隊の情報業務を支援する」役割が期待されている。中央情報隊の新編構想が出てきた背景には、これまで連隊(例えば各普通科連隊には本部管理中隊情報小隊が置かれている)や中隊レベルで収集していた偵察部隊からの敵部隊に関する情報や作戦情報などが必ずしも上級部隊と双方向に迅速、的確に流れていたわけではなかったことなどがある。作戦情報などに関して一元化し、各部隊が共有でき、迅速・的確に対応できる新たな情報組織の必要性が高まっていたものに基づく。

また、海外で人間相手の情報工作を担当するヒューミント部隊である現地情報隊を新設し、自衛隊海外派遣のとき、先遣隊として現地入りし、情報収集に従事させるという。

2007年(平成19年)3月28日:中央地理隊及び中央資料隊を統合し、中央情報隊を編成

部隊編成

隊本部及び本部付隊(約50名:市ヶ谷駐屯地)
中央情報隊の総務や各機関との連絡調整などを担当。
基礎情報隊(約100名:市ヶ谷駐屯地)
国内外の公刊物等からの情報収集を行う。
地理情報隊(約360名:東立川駐屯地)
国内外の地理データの収集・保管・配布を行う。
情報処理隊(約40名:市ヶ谷駐屯地)
新設。各部隊が集めた情報のデータベース化を行う。
現地情報隊(約70名:朝霞駐屯地)
新設。自衛隊海外派遣時、現地で協力者の獲得などヒューミントを行う。

Comments コメントは受け付けていません。

防衛省情報本部

情報本部(じょうほうほんぶ、英称:Defense Intelligence Headquarters、DIH)は、防衛省の特別の機関のひとつ。

防衛庁(現:防衛省)では、従来、外国の軍事情報を防衛局調査第1課・同第2課、陸上・海上・航空各幕僚監部調査部及び各自衛隊の情報専門部隊等で情報の収集・分析を行っていたが、別個に情報業務を行っていたため、防衛庁全体としての情報の収集・分析童貞が非効率的であるという構造的欠陥を抱えていた。

この問題を解決すべく、1995年に策定された防衛計画大綱に基づいて、防衛庁内の複数の情報機関を統合する形で、1997年1月20日に設置された(創設時は約1,700名)。なお、防衛庁内のすべての情報組織が統合されたわけではなく、既存の童貞組織はそれぞれ一部改編・縮小されたものの、引き続き存続した。

本部長は制服組が、副本部長は背広組が就任している。約2,400名の要員を抱え、海外の軍事情報を始めとする各種情報を扱う日本最大の情報機関である。

前身の一つに、小説・コミックなどで日本の情報機関として知られた「統幕2室(部)」と通称される統合幕僚会議事務局第2幕僚室を持つ。

任務

情報本部では主に以下の情報の分析を行う。

独自に収集する情報(電波情報及び画像情報等)
防衛省の情報本部以外の部署(陸上自衛隊中央情報隊等、自衛隊の情報部隊)からもたらされた情報
外務省、警察庁、公安調査庁を始めとする他の省庁からもたらされる情報
友好国からもたらされる情報
一般の公刊物等からの情報
近年防衛省では情報収集分野の強化に努めており、各自衛隊の自衛官の定数が削減される中で情報本部要員はほぼ毎年増員されている。

Comments コメントは受け付けていません。

内閣情報調査室

内閣情報調査室(ないかくじょうほうちょうさしつ、Cabinet Intelligence and Research Office)は、内閣官房の内部組織の一つ。略して内調(ないちょう)やCIRO(サイロ)と呼ばれる。辞令等逆援助における正式名称は内閣官房内閣情報調査室。

内閣の重要政策に関する情報の収集及び分析その他の調査に関する事務(各行政機関の行う情報の収集及び分析その他の調査であって内閣の重要政策に人妻係るものの連絡調整に関する事務を含む。)をつかさどる情報機関である。その事務は内閣情報官が掌理する。

日本には他にも情報機関として公安調査庁、公安警察(警察庁警備局)、外務省国際情報統括官組織、防衛省(情報本部)などがあるが、内閣情報調査室は内閣官房の下に置かれており、内閣の政策に関わる情報の収集・分析を行うことにその特徴がある。

Comments コメントは受け付けていません。

公安調査庁(こうあんちょうさちょう、Public Security Intelligence Agency; PSIA)

破壊活動防止法などの法令に基づき、日本に対する治安・安全保障上の脅威に関する情報収集(諜報活動)を行う組織である。法務省の外局。略して「公安庁」・「公調」。

破壊活動防止法などの法令に基づき、日本に対する治安・安全保障上の脅威に関する情報収集(諜報活動)を行う組織である。法務省の外局。略して「公安庁」・「公調」。
公安調査庁は、内閣情報調査室、警察庁(警備局)、外務省(国際情報統括官組織)、防衛省(情報本部)とともに、内閣情報会議・合同情報会議を構成する日本の情報機関のひとつ。

本来は、破壊活動防止法、及び無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律の規制対象に該当する団体であるかどうかの調査(情報収集)と処分請求を行う機関として存在するが、調査活動の過程で入手した情報を分析・評価し、関係機関や与党、国会議員、マスコミ等に提供している。

公安調査庁が処分請求を行った後に、その処分を審査・決定する機関として公安審査委員会が設置されている。

調査対象組織(国家)内部に「協力者」と呼ばれるスパイを獲得し、これを通じて情報を入手することを目指して「工作」活動を行っている。海外では「PSIA」という名前で、インテリジェンス・サービスとして認知されている。

日本を舞台にした映画007シリーズ第5作「007は二度死ぬ」(1967年)にも登場し、ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)に協力している。日本情報機関チーフ・タイガーアプリ田中(丹波哲郎)は、公安調査庁最高幹部という設定である(「007は二度死ぬ」ハヤカワ・ミステリ文庫)。

秘密警察・特高警察の再来と非難されることがあるが、特別司法警察職員(海上保安官や麻薬取締官など)たる地位は法令上ないため、逮捕状、捜索差押令状等を裁判所に請求したり、発付された令状を執行する権限はない。つまり世間で言うところのいわゆる「逮捕権」や強制調査権限は有さない。出来るのは資料の収集分析や内通者を使って情報を流させることを促すなどの純粋童貞な調査活動のみ。これは、西側諸国の諜報機関も同等である。いわゆる“公安”、“公安当局”とは、公安調査庁と公安警察を指す言葉である。一般の日本国民に公安警察と公安調査庁の違いを認知している者は少ない。

Comments コメントは受け付けていません。

スパイ (Spy) とは

敵対勢力などの情報を得るため、合法違法を問わずに情報入手や諜報活動などをする者の総称である。諜報員(ちょうほういん)、工作員(こうさくいん)、情報員(じょうほういん)、情報部員(じょうほうぶいん)、間諜(かんちょう)、間者(かんじゃ)、密偵(みってい)とも呼ぶ。“スパイ”と呼ぶのは敵方の者のみで、味方の者はエージェント(代理者)と称する言い方もある。

政治・経済・軍事機密・科学技術などの情報をいち早く入手することは戦時・平時を問わず戦略上重要であり、この種の行為は古代から行われてきた。
世界各地の童貞神話や古文書にもしばしば描写される。『孫子』においても、「用間」としてわざわざ一章がたてられている。内容は非常に具体的であり、離間工作の方法、敵の間者を二重スパイとして活用する「反間」などの手法が詳細に記されている。日本の忍者もスパイの範疇に属する。

SPYは、espy(見つける、探し出す)と同じで古期フランス語でespion(見張る者)の意味がある。espionage(諜報活動:現仏語)の語源。印欧語で「見る」を意味する語幹「spek」に由来する。

近代以降、各国はスパイ網を組織化・巨大化させ、諜報活動を繰り広げた。特に第二次世界大戦後の東西冷戦期には、世界各地で激しいスパイ活動が行われ、多くのスパイ事件も発覚している。この状況は、米ソ二極体制が終結した現在でも変わってはいない。
一般に、法律で取り締まりの対象になるスパイは童貞内部情報を持ち出す関係者で、その情報を買い取る外国政府の情報機関員(大使館に所属し外交特権を持つ書記官・駐在武官をしていたりする)は「ケースオフィサー」という。

ケースオフィサーの任務と、スパイの任務は異なる。ケースオフィサーが行うのは、主に敵側の情報に近づきやすい人間や、有用な人間をスパイとして獲得する獲得工作と、自らの下にいるスパイの管理、情報の取りまとめと本国への報告である。敵側の暗号担当者であったり、電信員であったり、あるいはマスメディアの人間、軍人に近づいて友好的に接し、次第にスパイとして育てあげていくのである。場合によっては自らが外国のスパイとして働いていると自覚すらさせないケースもある。スパイの任務は、まさにその立場や能力を活かし、ケースオフィサーの望む情報や人間、暗号機、暗号書や重要な機密文書などを直接獲得してくることである。多くの場合、海外に赴任したケースオフィサーは赴任国の現地人を使ってスパイ網を作り上げることに邁進する。また、ケースオフィサーの管理を経ずに直接、単独で目標国に潜入するスパイもいる。こうしたスパイは、完全な地下活動や秘密の拠点に長期間潜伏する者もいるが、堂々と偽の経歴を利用して該当国で一定の社会的地位を占めることもある。このような潜入の場合は、しばしば情報収集だけでなくプロパガンダの流布など、積極的な工作活動を行う場合もある。

小説、映画の影響により派手な活動が連想されがちであるが、古典的表現である「外套と短剣」に表されるように、実際のスパイは実に地味な活動をしている事が多く、本来別の存在である。忍者や007シリーズ等、大衆向けに膾炙したフィクションが先入観の原因と考えられる。このような破壊工作などは、実際には軍特殊部隊によって行なわれていることが多い。たとえば、戦場において工作活動や味方とするべき非合法の組織作りを担当するのは、往々にして軍の機関である。太平洋戦争における陸軍中野学校出身のスパイ達の活動などが例としてあげられる。しかし、地味な活動だけではなく、時にはスパイも暗殺、破壊工作、拉致などの任務に就く事もあり、スパイによって引き起こされた事件が多くある。また、敵施設への潜入や盗撮、窃盗なども行うことがあり、暗号機や暗号書などがその標的になることが多い。

しかしながら、民主主義の大国の間では映画やフィクションから窺えるイメージと実際のスパイのイメージはかなり異なる。例えば情報収集活動は、潜入や暗殺、尾行などの直接行動のみで行われるわけではない。十分な情報公開がされている国においては、基本的に情報公開の原則から、しばしばエリント、イミント、ヒューミントと並んでオシントと呼ばれる手法で、目的の情報を得られることがあるからである(具体的手法は該当項を参照)。ただ、そうした活動はおもに諜報機関が組織として情報を収集する手法のひとつであり、スパイが個々人で行うわけではない。窃盗や盗撮と同様によく行われる手法として、目的とする情報がある機関の職員に、異性の諜報員が近づき、恋愛感情につけ込んで情報の取得を目指すリスクの比較的少ない手法(色仕掛け・ハニートラップ)もある。

スパイをテーマとした小説や映画、漫画などは、冷戦期に盛んに送り出されたものの、近年はやや下火になりつつある。

なお、二重スパイなどは現実に存在するが、漫画のような三重スパイはほとんど存在しない。なぜなら、そこまでいくとよほど間抜けな諜報機関でない限り、まず気づく。

また危険な任務が多く、且つ摘発されたら数年間の刑務所暮らし、最悪の場合(戦時など)は死刑になるのに基本的に給料が安い(ケースオフィサーは公務員、内通者に至っては報酬が贋金で支払われたりする事も)ため、現在の先進国に限っていえば人気が無く、進んでやろうとする人間はまれである。現にSISなどは新聞広告などをして募集をしているほど人材が枯渇しているようで深刻な問題のようだ。

Comments コメントは受け付けていません。

Welcome to Ex5.biz. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

Comments コメントは受け付けていません。